自らが写しであることに強い劣等感を持つ山姥切と、自らが女であることを呪う悲惨な過去を持つ女審神者の拗...