クラスでも空気のような存在の僕は、ある日突然憧れの的に告白された。何かの間違いだと思っていたけれど彼...