実家に定期的に帰る主人公そこには無口な姪っ子「理保子ちゃん」がいた何を考えてるかいまいちわからない彼...