むつみの傷心を癒やしたのはいつきだった?それはそれで心温まるエピソードだが、そんな事より処女膜を性感帯として開発されてしまったいつきは今日もむつみと肉欲に溺れているのであった。